FC2ブログ

プロフィール

江藤友子

Author:江藤友子

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塀の補修作業②

昨日、ヒビの補修をして『下塗り』をしました塀へ、
今日は、
DSCF3510.jpg
以前塗装した塗料と同じこちらの
水性セラミシリコンで『中塗り』をしていきます。
DSCF3511.jpg
ローラーの入らない隅の方は、
森君が刷毛で塗料を入れていきました。
DSCF3512.jpg
『中塗り』が終わり、完全に乾燥させるため
『上塗り』は次回していきますので、
DSCF3519.jpg
養生を撤去しました。

DSCF3507.jpg
玄関前のポーチのタイルの目地の亀裂が気になると
奥様から補修のご依頼を頂きましたので
紙テープ養生をしてから
DSCF3506.jpg
ボンドの役割をするプライマーを目地へ十分染み込ませ、
DSCF3509.jpg
プライマーがしっかり乾燥してから
DSCF3513.jpg
セメント系の補修材を打ち込んでいきました。
DSCF3516.jpg
紙テープ養生を撤去して
DSCF3517.jpg
完成です。

雪が激しくなってきましたので今日の作業は
これで終わりにしました。

昨日、正面写真がなかったので、
今日は、撮らせてもらいました
DSCF3521.jpg
昨日から、江藤建装の一員になりました
森 裕司くん24歳です!!

よろしくおねがいします!!

塀の補修作業。

お客様
2009年10月に塗装工事をさせて頂きました
こちらのお客様の宅の塀の補修工事をさせて頂きました。
paint_091104_004.jpg
お隣の建築工事の際に塀に
亀裂が入ってしまったとのことでした。

昨日、塀の洗浄をして、今日はまず下地補修をしていきます。
DSCF3494.jpg
今日から江藤建装の一員になりました
森くんが指示を受けて 張り切って作業をしています
(正面写真がほしかった~~また明日・・・
DSCF3495.jpg
以前の補修カ所のコーキングも取り除き、
DSCF3499.jpg
全てのヒビを補修していきます。
DSCF3504.jpg
コーキングが乾燥したら、セメントを塗って
強固にします。
DSCF3501.jpg
セメントが乾燥したら、『下塗り』です。
下塗りが終わりましたらしっかり乾燥させるため、
続きの作業はまた明日。
DSCF3503.jpg
新築のお隣の駐車場を汚さないように
養生をしていたビニールを撤去して
本日の作業は終わります。

作業が終わったのは、14時ころでしたので
その後、昨日完成しました自作のチラシを
KIMG0137.jpg
本日は、東区の緑ヶ丘の皆様へ
配布させて頂きました。
DSCF3505.jpg
(なぜ横顔なの~~正面ほしかった!!)

明日のお天気は、晴れだといいけど・・・。

本日の作業の続き、塀の『中塗り』をして、
チラシを午後から配布させて頂きます。

明日も張り切って作業をさせて頂きます。

よろしくお願いします!!

初めての塗り替え時期について

「家を建ててから初めての塗り替えは何年目位でするものなの?」
と、友達との何気ないおしゃべりの中で質問されましたので、
このように考えていらっしゃる方も多いのではと思い、
本日のお題にさせていただくことにしました

新築からの理想的な塗替え時期は、外壁が6年から10年。
木部・鉄部・トタンは3年から7年が、
建物にためには好ましい時期です

現在、塗装されている塗料や、素材の材質によって異なります。
また、陽当たりや風通し風雨による影響など
立地条件によって劣化の仕方は
かなりの違ってきますのであくまでも年数は『目安』です。


新築時は、建物に金額がかかってしまいますので
塗料は、アクリル性のものなど耐久性のあまりない塗料を
使用している場合などが多いのです。

ですので、初めての塗り替えは
早めにされたほうが 建物を保護するためには良いのです。


外壁や、屋根など塗装対象箇所は塗装によって
色彩を与えられると同時に保護されています。


紫外線や水分に直接さらされて劣化するのを防ぐため
塗装が必要となるのです。


塗装が劣化して塗膜の耐久性が尽きる前に
再び塗装を施すことが建物自体の劣化を防ぐことになります。


ツヤが無くなってきた、色が褪せてきた、触ると手に粉が付く、
汚れやひび割れが目立つ、
塗膜が剥がれてきた、カビやコケがはえてきた、錆が出ている、



など、気がついた事があったら
専門家に見てもらうことをおすすめします。


塗装の耐久性(保護機能)が失われると素材が傷むこになり
修繕の度合に応じ工事費がかかることになります。


1年に1度は,我が家をひと回りし、
よ~く観察して傷んできているところがあれば
計画を立て,お手入れをしてはいかがでしょうか?

2012年明けましておめでとうございます!!

2012年  
明けましておめでとうございます!


すべてのお客様、
お世話になっております業者の皆様には、
心より感謝申し上げます。

私たちが『江藤建装』として
塗装工事をさせていただけますのも
日々、勉強させていただき
これまで成長してこれましたことも
皆様のおかげでございます。

ありがとうございます。

本年も、お客様のお言葉を謙虚に受け止め
ご納得・お喜び頂ける お打ち合わせ、工事、アフターフォローを
常に勉強し、邁進していきます。


また、新たなお客様との出会いも
楽しみにしております。

一度工事をさせていただきましたら
長いお付き合いとなります。

本年も どうぞよろしくお願い申し上げます。

contact-b.jpg

塀塗装完成(#^.^#)

DSCF3437.jpg
今日は、昨日の作業の続き、『上塗り』
していきました。
DSCF3439.jpg

塀全体の『上塗り』を仕上げて『養生』をすべて撤去し
全ての作業が完成しました。
DSCF3442.jpg

 DSCF3444.jpg

建物のお色とよく合っています。

この度は、ご依頼くださいまして
ありがとうございました。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。